home
診療のご案内
診療のご案内

診療のご案内

皮膚科
内科
美容皮膚科
治療法別のご案内
注射・点滴
料金表
ドクターズコスメ
アートメイク
スタッフ募集
患者の気持ち

皮膚科・内科を受診される方へ

受診時にお持ち頂きたいもの

1.健康保険証

健康保険が適用される治療を受ける方は、健康保険証を必ずお持ち下さい。
尚、当日やむを得ない理由で保険証をお持ちになれない場合は、一旦自費にて診察代をお預かりさせて頂き、同月内に保険証をお持ち頂いた時点で自己負担分を除いた額をお返し致します。

2.お薬手帳(お持ちの方)

当院で薬を処方する際、薬の飲み合わせや体質に合うかどうかの参考にさせて頂きます。

3.紹介状

他の医療機関からの紹介状をお持ちの方は、受付でご提示下さい。

4.公費受給者証

公費を利用して受診される方は、受給資格を証明する受給者証(老人医療受給者証、乳幼児医療者証など)を必ずお持ちの上、受付でご提示下さい。

受診時の流れ

1.受付

受付で保険証をご提出下さい。
尚、他院からの紹介状や、お薬手帳、健診結果などの資料をお持ちの方は一緒にお出し下さい。

2.問診

受付時に問診表をお渡し致しますので、必要事項をご記入下さい。
尚、必要に応じて看護師が問診の補足を致します。また、特別具合の悪い方はご遠慮なくお申し出下さい。

3.診察

お名前をお呼びしますので診察室にお入り下さい。
どなたにとっても病気は不安なものですが、そこでご自身なりの予断や不信感を持ってしまわずに、不安なことはどんなことでもお気軽にご相談下さい。

4.お会計

お名前をお呼びしますので診察室にお入り下さい。
診察が終わりましたら、受付でお名前をお呼びしますので待合室でお待ち下さい。
領収書を発行させて頂くとともに、当院の診察券をお渡し致しますので、次回からお持ち下さい。

美容皮膚科を受診される方へ

診察・カウンセリングについて

お悩みを伺い、最適な治療内容をご提案させて頂きます。
ご心配なこと、ご予算など、何でもお気軽にご相談下さい。また、施術をご希望の方は診察、カウンセリング後に予約をお取りします。

施術について

施術の前に、もう一度詳しく施術についてご説明致します。
分からないこと、不安なことは何なりとお聞き下さい。また、施術中に体調が悪くなったり不安になった時には、すぐにお声をかけて下さい。

施術後は、お顔を冷やす必要のある施術後は30分~2時間程のお時間を頂くこともございますので、ゆったりとくつろぎながら時間をお過ごし下さい。
尚、基礎化粧品はご用意しておりますが、メイクをしてお帰りになる方はご自身のメイク道具をご用意下さい。

会計について

自費診療で2万円(税込)を超えるお支払いで、クレジットカードがご利用いただけます
(VISA・Master Cardのみ)。
保険診療ではご利用いただけません。

診療内容について

皮膚科

当院では、丁寧な問診ならびに視診、必要に応じて諸検査をしながら治療にあたります。
治療により改善するものが殆どですが、疾患によっては難治性のものもございますので、現状維持あるいは悪化防止のための治療に終始することなく、十分なインフォームドコンセントをさせて頂くとともに、必要な医療機関と適切に連携し、治療を行っていきます。

内科

風邪などは早めの受診が何より大切です。症状が悪化する前に受診して下さい。
その他、「何となくだるい」「食欲がない」「ちょっと気になることがある」など、どこの診療科にかかればいいのか迷っている方もご相談下さい。

美容皮膚科

美容皮膚科では、患者様がワンランク上の美しさを得られ、そしてそれをいつまでも維持することができるよう、患者様お一人お一人にあったオーダーメイドの治療法をご提案しております。

アートメイク

一般的に【落ちないメイク】として知られているアートメイクは、専用の針を用いて皮膚に直接色素を入れていく治療です。
アートメイクは人の皮膚に針等で色素を入れるものであり、危険性の高い行為であるため、医療行為となっています。

発熱外来について

発熱・咽頭痛・咳・鼻水などの風邪症状、下痢・嘔吐などの腹痛の症状など、体調不良の方は予約で診察を行いますので、お電話でお問い合わせください。
電話が混み合うと繋がりづらいこともありますが、必ず繋がるまでお電話お願い致します。
直接ご来院いただきますと、診察できないことがあります。
手数をお掛け致しますが、よろしくお願い致します。

さいたま市定期予防接種について

当院ではヒトパピローマウイルス(HPV)ワクチン、ジフテリア・破傷風第2期、日本脳炎第2期の予防接種を開始しました。
また、引き続き成人用肺炎球菌ワクチンの定期予防接種も行っております。

全て予約制になりますので、接種ご希望の方はお電話または受付にて予約をお取りください。

※平成9年4月2日~平成20年4月1日生まれの女子の方で、ヒトパピローマウイルス(HPV)ワクチン未接種の方は、キャッチアップ接種の対象となります。
令和6年3月下旬に、さいたま市よりキャッチアップ接種についてのハガキが郵送されていますのでご確認ください。
全3回の接種終了までに6か月かかりますので、1回目の接種を令和6年9月中に終える必要があります。
ご希望の方は、ご検討の上予約をお願いいたします。

施設基準等に関する掲示

明細書発行体制等加算

当院では領収書発行の際に、個別に診療報酬の算定項目が分かる明細書を無料で発行しています。発行を希望されない方は、会計窓口にお申し出ください。

医療情報取得加算

当院は、マイナ保険証の利用や問診票等を通じて患者様の診療情報を取得・活用することにより、質の高い医療の提供に努めている医療機関です。
正確な情報を取得・活用するため、マイナ保険証によるオンライン資格確認等のご利用をお願いいたします。

医療DX推進体制整備加算

以下の通り対応を行っています。

  • 診療報酬のオンライン請求・オンライン資格確認を行っています。
  • 医師がオンライン資格確認を利用して取得した診療情報を、診察室等で閲覧または活用できる体制を有しています。
  • 電子処方せんの発行体制・電子カルテ情報共有サービスを活用できる体制を開始予定です。
  • マイナンバーカードの健康保険証利用の使用についてお声かけ・ポスター掲示を行っています。

生活習慣病管理料

高血圧症・糖尿病・脂質異常症で受診されている方が対象です。
厚労省は生活習慣病対策の一環として、2024年の診療報酬改定でこれまで診療所で算定していた「特定疾患療養指導料」を廃止し、個人に応じた療養計画に基づき、専門的・総合的な治療管理を行う「生活習慣病管理料」へ移行するよう指示がありました。
患者様に個々に応じた目標設定、血圧や体重、食事、運動に関する指導内容、検査結果を記載した「療養計画書」へ署名をいただく必要がありますので、ご協力の程よろしくお願いいたします。
また患者様の状態に応じ、28日以上の長期の処方を行うこと・リフィル処方せんを発行することのいずれも対応可能です。
病状に応じて担当医が判断いたしますので、ご希望の方は診察時にお申し出ください。

一般名処方管理加算

当院では、後発医薬品の使用促進を図るとともに、医薬品の安定供給に向けた取り組みを実施しています。
現在、一部の医薬品について供給が不安定な状況が続いています。そのため後発医薬品のあるお薬については商品名ではなく一般名(有効成分名)での処方とさせていただき、薬局で供給状況により医薬商品名を決めていただくことになります。

夜間早朝等加算

厚生労働省の規定により、平日18時以降・土曜12時以降は夜間早朝等加算が適用されます。
当院では、土曜12時以降が対象となります。

外来感染対策向上加算

当院は、新興感染症の発生時に自治体の要請を受けて発熱患者の診療等を実施する第二種協定指定医療機関に指定されています。
副院長を院内感染管理者と定め、クリニック全体で次のような取り組みを行っています。

  • 感染管理者である副院長が中心となり、標準的感染予防対策に従い、職員全員で院内感染対策を推進します。
  • 全職員に対し院内研修を実施し、院内感染防止に対する知識の向上を図っています。
  • 感染性の疾患(インフルエンザや新型コロナウイルス感染症など)が疑われる場合には、一般診療の方と導線を分けた診療スペースを確保して対応します。
  • 抗菌薬の使用は適切な薬剤を選択し、適切な量・投与期間・投与ルートを守り、適正使用を実施しています。
  • 感染対策に関して基幹病院と連携し、定期的に必要な情報提供やアドバイスを受け、院内感染対策の向上に努めます。